冬月希和

《冬月 希和》年中行事を意識して行う事で1年は充実する✨

毎日を淡々と過ごしていると一年がたつのが早い。
あぁ暑い夏が来るのね…なんて言ってた気がしてたが、気が付けばもう年末💦💦

 

あなたも同じではないだろうか。

 

きっとX’masツリーを片付けながらお正月飾りの心配をし、そうこう言ってるうちに豆まきや恵方巻きだわと言い、お雛様をそろそろ出さなくちゃ…
などとしてる人も多いはずだ。

毎年必ずやって来る行事をキチンとやろとすると結構忙しい。

 

やらなくちゃいけない義務はないし、やらなかったからといって誰に何かを言われる事でもない。

 

こんな行事を一つ一つ意識して丁寧に行っていけば1年はもっと長く感じるのかもしれないと思った。

 

1月だけでもこんなにあるのだ。
1日 元旦
2日 書き初め 初夢
7日 七草粥
11日 鏡開き
15日 小正月
31日 みそか正月

その後節分が来て邪気を払い福を呼び一年が改まる…✨

 

なぜこの行事を行うのか?

先人の教えをちゃんと理解し考えて準備をする事で、準備するだけても忙しく手応えがあるのだと思う。

 

日々忙しいし現代だが、それでも
その時の行事の意味を心に刻んで行えばきっと一年が充実し、何だかとても丁寧に生きている実感になるのかなぁ…
なんて、思ったんです。

 

あなたはいかがですか😄

 >  《冬月 希和》お風呂の入り方、見られてますよ👀

ページトップへ