冬月希和

《冬月 希和》生まれつきの美人と後天性美人

今日は「美人証明の日✨」

栃木県足利市にある厳島神社では2006年12月2日に、御祭神の市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)の分身として「美人弁天」を建立。美と健康・長命の三願が叶う美人証明を出す日本でたった一つの神社だそうです。

 

小さい時から美人ねと言われる先天性の美人と
子供の頃は特に目立たなくても大人になるに従って美人になる後天性美人…

損得で言えば小さい頃から可愛いね美人ねと人よりも長く言われた方がやはり得なのだろう。

 

比べて後天性は「冴えない自分の運命を切り開く」事をする事でクリアする度に自信と勇気を少しずつ手に入れられる経験が出来る。

 

同級生にも後天性がいた。

高校生になり背が急に伸びてスッと痩せた数カ月で、あの娘だれだった?と驚かれるほどだった。

しかし本人は少し痩せただけなのに…と現実を冷静に受け止めていた。
二十代の同窓会で出会った時も更に美しくなっていたが仕事一筋で相変わらず冷静だった。

謙虚な分、美しさが何だか透明に見えたのを覚えてる。

 

後天性は先天性に比べて傲慢さが少ないのは チヤホヤされない立場を知ってるからなのだろう。

 

女性は思ったようにキレイになれない、自分だけ幸せじゃない、自分が嫌いだ、、、
なんて言う思いは誰でも少しは持ってると思うが
愛されなくたって別にかまわない…と開き直ってしまうと
「愛されたくない顔」になってしまうのだと思う。

それだともったいない事になってしまう。

 

だから生まれつき美人じゃなくてもいい。
愛されたいと真っ直ぐに思う気持ちがあれば、人に愛される喜びを知る事はきっと出来ると思う。

 

あなたはどう考えますか?

 

故ダイアナ元妃も愛されたい心があったから最後までとても美しかったのでしょうね✨

 

 

 >  《冬月 希和》お風呂の入り方、見られてますよ👀

ページトップへ