冬月希和

《冬月 希和》美容するのを後ろめたく思ってませんか?

今日は「リフトアップケアの日」

 

女性同士、例えば同僚から、

旅行に行った時友達から、

偶然朝会った知合いから…

「エラいわね、朝からキチンとお化粧して」
なんて事を言われてしまう事はないだろうか?

 

われてハッとするのだ。後ろめたいような気持ちになる事を…。

この「エラい」は何なのか?特にエラい事なんて全くない。

 

キレイになろうと試みない人が、キレイになろうと試みてる人をちょっとだけ皮肉っている時に発せられる言葉なのだと思う。

言われた側は後ろめたくなり、落ち込む仕組みだ。

 

エラわね、と投げかけた側も後ろめたく思った側も、どちらもキレイの道を閉ざす事になり、まずもったいない。

 

誰が女性をキレイにするのか、それは周囲の男性や身内の影響は確かに大きいが、
最終的には周りの女性なのではないかと思うのだ。

 

女同士、お互いを刺激し合い切磋琢磨すべきなのだと思う。
心おきなくキレイになる環境は女性たち自らが作り上げるべきなのだと思う。

 

又、試みようとしてる人の足を引っ張らない事だ。

綺麗ね✨と素直に褒めたら
自分にも綺麗が返ってくるはずだから。

 

そう。
まずはあなたから、綺麗になる事は後ろめたくない…という環境を作ってみてはいかがだろうか。

 >  《冬月 希和》お風呂の入り方、見られてますよ👀

ページトップへ