ロザリン

≪ロザリン≫ネガティブな感情との付き合い方③

せつない想いを魅力に変える♡

片想い&復縁専門占い師ロザリンです。

 

 

 

生きていくうえで

避けては通れない

「ネガティブな感情」

 

 

 

自分自身のネガティブな感情に

どのように対処したらいいのか

 

私なりのアイデアを

シェアしているシリーズ

『悲劇のヒロイン法』

 

 

 

第一弾はコチラ↓↓↓

【ネガティブな感情をしっかり自覚しよう】

 

そして第二弾↓↓↓

【ネガティブな感情を体力の限界まで味わいつくそう】

前回の記事では

 

感情をむき出しにすることを

提案させていただきました

 

 

 

では、そうすると

どうなると思いますか?

 

 

 

体力に限界が来ると

急に我に返ります

 

 

 

そして、おなかがすいている、だとか

泣きすぎて頭が痛い、だとか

生理現象に気が付くはずです

 

 

 

するとその瞬間

とっても恥ずかしくなるんです!

 

 

 

感情におぼれて

小さなことをこの世の終わりみたいに

嘆き悲しんで

私って滑稽だな、って

思ってしまうんです

 

 

 

いわゆる「女の賢者タイム」

とでも言いましょうか…

 

めちゃくちゃ冷めた自分が

そこにいるはずです

 

 

 

この時、あなたはやっと

現実を受け入れて

自分を客観視できるようになっています

 

 

 

まず

思い切り感情に溺れること

 

 

 

そこが足りないと

孤独や不満のもとになります

 

 

 

私の気持ちなんか

誰もわかってくれない、と嘆く人は

 

そもそも

自分が自分の気持ちを

充分にわかっていないのです

 

 

 

自分でわからないものが

他人がわかるわけがないから

わかってもらう努力すら

する勇気が湧かないのは当然です

 

 

 

ネガティブな感情が

あなたを困らせるのは

 

感情の消化不良から

自分自身を孤独に追いやり

殻に閉じこもってしまうからです

 

 

 

ネガティブな感情があっても

それが一時的で

すぐに機嫌が直るなら

問題はありませんし

 

そこから自分を知ることができ

人生に活かせれば

むしろありがたいものですよね

 

 

 

人間には

「生存本能」というものがあります

 

それを引き出せるところまで

自分の感情を追い込むこと

 

それができれば自然と

大きな世界の中で

小さな問題につまづいている自分

に気が付くことができます

 

 

 

それは苦々しく

恥ずかしいものではありますが

 

そのすべてを

ひとりで完結すれば

別に何の問題もないはずです

 

 

 

そうはいっても

案外恥ずかしくてできないかもしれません

 

 

 

結局は

自分にさえも自分をさらけ出せない

自分の恥を自分が受け入れられない

それがいちばんの問題であり

 

幸運な人生にはだかる

大きな壁なんです

 

 

 

でも、この

『悲劇のヒロイン法』を

やってみれば

その壁を乗り越えることができます

 

 

 

自分自身だけは

死ぬまで一緒の相棒です

 

 

 

結婚相手なんかよりずっと

自分のことを理解して

愛してもらわないと

 

長い人生が

苦しい旅路になってしまいます

 

 

 

自分で自分を鍛える

自分で自分を育てる

 

 

 

その面白い方法のひとつとして

試してもらえたら、と思います!

 >  《冬月 希和》お風呂の入り方、見られてますよ👀

ページトップへ