≪海≫夢占いとは?起源や夢を見ない人の理由。夢が伝えたいことの種類とは?

 

今回からは私の使っている占術の一つの、

夢占いについて紹介していこうと思います。

 

私は小さい頃から、よく夢を見て

その夢を覚えています。

 

見た夢が現実になったり、

定期的に見る夢が、人との出会いで

パタリと見なくなることや、

 

自分の心の問題が解消されると

定期的に見る夢を見なくなることに

気付いたりもしました。

 

夢占いの根源を作ったのは、

心理学者のユングですが

ネットにはユングが述べた以外の

夢占いの情報も転がっています。

 

 

何が正しいか、そうでないか

夢占いには正解がないのかもしれません。

 

それもこれも夢というものは

自分の心情が関わっていたり、

お告げであったりするからです。

 

 

なので、夢を見た時には

書き残しておくことや

タロットカードが引ける人は

引いてみることもおすすめします。

 

 

 

夢占いの起源

 

・夢占いは人類最古の占いのひとつ

・夢は神のお告げや

未来を予知するものだった

 

 

 

【いい夢は話さないと正夢になる

と言われているのは、なぜ?】

 

夢買いといって、夢の内容を伝えた途端、

相手がその夢を買った!と、

夢のもたらした幸運を

他人に取られるという考えがあったから。

日本の歴史に残る武将でも

夢をヒントに出世した人もいる。

 

 

 

【夢を見ない人はなぜ?】

 

人には脳が眠っている状態のノンレム状態

身体だけ眠っているレム状態がある。

 

脳が眠っているノンレム状態は

夢を見ないと言われている。

その為、夢を見ないとか覚えていない人は

ノンレム状態が多いと考えられる。

 

普段起きている時に頭をよく使っているとか

考えることが苦手なタイプは

もしかしたらノンレム状態が多く、

睡眠中に脳を多く休ませている可能性

がある。

 

 

 

【年齢と共に夢は変化する】

 

子どもがよく眠り、

老人が早起きになるように

睡眠の質が変わるように、

夢の内容も変化していく。

 

 

若いうちは支離滅裂な破天荒な夢を見るが

年を取るにつれて、現実的な夢を

見るようになると言われている。

 

なので、

現実離れした夢をよく見る人は

脳年齢が若い可能性がある。

 

 

 

【魂の近い人は夢に出てきやすい】

 

家族が夢に出てきやすいのは

確かに、過ごした時間が長かったり

自分に近しい存在ということから

という理由もあるが、

 

人と人とは潜在意識で繋がっているので、

縁の深い人は夢に出てきやすい

とも考えられる。

 

 

その人のことが好きで考えすぎて

出てくることもあるが、

自分はそんなに気にしていないのに

なぜこの人がこんなに出てくるのだろう?

と思ったら、

 

 

その人に何かがあるサインや

その人が伝えたいことがあったりとか

その人と縁が深いという可能性もある

 

 

 

【嫌な夢を見たら逆夢であったり、

吉夢である可能性もあるが、

一応注意もすべき】

 

逆夢といって、夢で悪いことは
現実では良いとされるということもある。

 

しかし、人類は生存するために

嫌な予感や命の危機に関する予測ほど

当たるという性質を用いている部分もある

 

極限状態に陥るほど、

勘が鋭く働くこともあるので

印象的に残る嫌な夢を見た時は、

 

警告夢(注意するべきことを

投げかけられている夢)と捉えることで、

トラブルを回避することもできる。

 

 

 

…いかがでしたか?

 

次回も引き続き夢占いの話を

していきたいと思っています^^

 

+++++++++++++++++++++++++

20代の方は20名様限定で、

通常203000円のメニューが

今なら202000円受けられます。

(※8月いっぱいで終了の予定です!)

+++++++++++++++++++++++++

 

(プロフィールはこちら)

SNSもやってます/

Twitterアカウント(@umi_s22)

インスタグラム(@umi.s222)

よかったらフォローよろしくお願いします

 >  《海》夢占い:額・口・歯・くちびる・眉が印象的な夢占いの解釈。

ページトップへ