ロザリン

≪ロザリン≫ことばの力でお役に立ちたい⭐︎詩人兼占い師のロザリンです♪

せつない想いを魅力に変える♡

片想い&復縁専門占い師 ロザリンです

 

 

 

昨日アップした初めての自己紹介記事

 

 

 

趣味でも仕事でも経験のあった

文章を書くということ

 

 

 

仕事の幅を広げようと

かの有名な「コピーライター養成講座」

に通ったら

 

受賞どころか、課題の評価さえ

最悪だったという

 

悲しい悲しいお話でした。

 

 

 

今日はその続き

 

課題の講評をいただくなかで

ある講師の先生から言われた一言が

私を救った、というところから。

 

 

 

この言葉、救われたというだけでなく

その後、私が占い師になる時に

背中を押してくれたひとことでもあり

 

今でも占い師の活動をする上で

支えになっている言葉でもあります。

 

 

 

それがこれ

「これコピーじゃないね。

         詩です。」

 

 

 

はい、ガビーン!(昭和)

これ、コピー書いてる人には

めっちゃくちゃ恥ずかしい言葉なんですよ!

 

 

 

皆さんも心当たりありませんか?

 

手紙でも、ブログでも

Twitterでも、インスタでも。

 

 

 

ポエムや~ん、っていう悪口!

 

 

 

いやそれあんた、谷川俊太郎先生に言える?

ランボオを笑うん?あんたが?

 

という元文学少女の怒りはさておき(笑)

 

 

 

でもこれを言われて

私はとっても

気持ちが楽になったのです。

 

 

 

やっぱりな。そうだよね。

私はポエムしか書けないわ。と。

 

 

 

それは物心つく頃から

ポエム的なものを書き続けて生きてきた

私の人生そのものを

肯定するひとことだったから。

 

 

 

その課題をコピーのつもりで書いた時、

習った書き方でできた言葉を

どうしても受け入れることができなかった。

 

それでどうしても

自分の表現を押し通してしまった。

 

 

 

それはコピーライターとしては

間違っていたけれど

私は詩人なんだから、それでよかったと

今の私は深く納得しています。

(欲を言えばどちらもできれば最高でした!)

 

 

 

そういう意味で、私の生き方を決定づける

素晴らしい一言をいただいた瞬間でした。

 

 

 

そしてそれが

占い師としての私の大切な「売り」

になっていると

日々強く感じています。

 

 

 

私という占い師が

あなたというひとりの人間の

大切な人生について語るとき

 

その言葉がドラマティックであること

ロマンティックであることは

恥ずかしいことでしょうか?

 

 

 

あなたの人生の主役は

間違いなくあなたです

 

 

 

その物語を語るのにふさわしい

美しいことばがある

 

 

 

それを伝えるのが私の鑑定です

 

 

 

それは決してうわべの美辞麗句ではなく

詩的であるがゆえに

伝わりやすいということ

誰にでもわかりやすい表現「だけ」 

心情や人生を語るうえで
理解されやすいとは
限らないということです
 恋を語り、愛を語り

人生を語るのにふさわしい言葉

 

そのなかから

 

あなたの宿命や魂の在り方によって

受け止めてもらえる表現をチョイスする

 

 

 

あなた自身が

人生という物語を紡ぐ

 

そのお手伝いをすることが

占い師としての私の使命です

 

 

 

だから、相談者さんが持っている物語と

今、直面している場面によって

 

冗談ばかりの爆笑鑑定になることもあれば

全米が泣く(?)ほどの

号泣鑑定になることもあります

 

 

文学が音楽が映画が絵画が

すべての芸術がそうであるように

 

占いもまた

エンターテインメントであるだけでなく

運命を切り拓くための羅針盤なのです

 

 

 

喜怒哀楽のジェットコースタ―ロマンスを

あなたも一緒に楽しんでみませんか?

 >  《海》夢占い:アクセサリー(ネックレス・指輪)や石の夢占いの解釈について。

ページトップへ