ロザリン

≪ロザリン≫コピーライター養成講座に行って挫折した話

せつない想いを魅力に変える♡

片想い&復縁専門占い師 ロザリンです。

 

 

 

少女のころから文章を書くのが好きでした。

 

 

 

大学も文章を書くことを

学べるところに行ったし

 

創作活動も、個展も

作詞提供や

Web連載もさせてもらった。

 

 

 

身近で文章を必要とすることがあれば

必ずと言っていいほど

駆り出されて

いろいろな活動に参加することができたので、

 

いろんな世界を知ることができて

たくさんの経験を積むことができ

本当に幸せでした。

 

 

 

先ほど挙げた以外にも

演劇のチラシコピーや

レコードの推薦文

 

写真家とミュージシャンとのコラボで

フォトブックなんかの仕事も楽しかったな~

 

 

 

数年前、ただ喜ばれるということだけでなく

もっと文章を「お金にする」技術を学びたくて

コピーライティングを勉強しました。

 

 

 

通ったのはコピーライター養成講座

60年以上の歴史を誇り、有名人を多数輩出している

超有名なスクールです。

 

 

Are You Hungry?や

24時間戦えますか?なんて

名CMを作った人達が

直々に指導してくださいます。

 

 

 

毎週必ず課題が出て、

大変だけれど楽しかった。

 

 

 

しかしこれがいざ書いてみると

まっっったくうまくいかない。

 

全然いい評価が取れなかったんです。

 

 

 

受講生のなかでも年齢は相当に上のほうだったし

分野は違っても、書く経験は乏しくないのに

まったく歯が立たない。

 

 

 

背筋が凍り、どんどん自信がなくなってゆきました。

 

授業は楽しいのに

サボりたくてしょうがない。

 

 

 

自分の書いたものが

たくさんの人の前で酷評されるのが

苦しくなっちゃったんです。

 

(講師の方たちはとても紳士的で優しいです!

酷評はただの力不足の結果。)

 

 

習っているロジックは分かるのに

いざ書こうとすると

そのロジックに従うことが

どうしてもできなかった。

 

 

 

素直になりたいのに

それを行動に移せないジレンマで

かなり苦しい思いをしました…

 

 

 

あるとき、講師の方に

決定的なひとことを言われてしまいます。

 

 

 

コピーの評価としては

最も不名誉なそのことばが

 

 

 

なぜか私の心を救い

ゆくべき道を照らしました。

 

 

 

挫折に救われた

コピーライティングの殿堂で学んだお話

 

 

 

続きはまた次の記事で…

 

 >  《冬月 希和》あなたはシーズンの流行最先端の服を買う派ですか?

ページトップへ