ロザリン

≪ロザリン≫女を幸せにしてくれる男とは?

せつない想いを魅力に変える♡
片想い&復縁専門占い師 ロザリンです。

 

 

「私を幸せにしてくれる
 彼と出会いたい」

そう思う女性は、とても多いです。

 

 

逆に、男性でこういうことを言う人は
ほとんどいません。

 

 

そのせいか
誰かに幸せにしてもらうこと
イコール女のしあわせ

というようなイメージもありますね。

 

 

では、実際のところ

「あなたを幸せにできる男」って
どんな男性でしょうか。

 

 

 

まずは、男性を
「モテる男」と「モテない男」に
分けて比較してみましょう。

 

 

 

ちなみに容姿は…

はっきり言って
ほぼ関係ありません!

 

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
女を幸せにできる男って
どんな男なんでしょうか
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

「モテる男」は、いわば激戦区。

 

 

つねに彼女あるいは
彼女候補がいます。

つまり彼らは、
女性と接する機会が多いわけです。

 

 

だから女性が言ってほしい言葉、
女の人が惹かれる行動というものを
よくわかっています。

 

 

女性のもてなし方、
女性に対するサービスが
うまい人たちなんですね。

いわゆる、女の扱いに慣れたタイプです。

 

 

モテる男性と恋愛をするということは
あなたが《もてなされる側》になるので

一緒にいて楽しいですし
本当に上手な人であれば
お姫様気分が味わえます。

 

 

彼のペースに巻き込まれて
時間のたつのが
あっという間に感じられるかも。

 

 

しかし、
彼らのその優しさや気遣い
マメさなどは、
残念ながら長くは続きません。

 

 

いわゆる《女性を落とすまで》が、
彼らの勝負どころであり、
生き甲斐だからです。

 

その狩猟本能のおもむくまま、

卓越したサービス技術で
女性を虜にしておいて

 

 

彼らの興味は
「より口説きがいのある女」
に移ってしまいます。

 

 

これが、モテる男が
「釣った魚にエサはやらない」
という状況になりやすい理由です。

 

 

一方、「モテない男」はどうでしょう。

 

 

彼らは、
女性を楽しませる方法を知りません。

楽しませようという発想そのものが
ない人も少なくないようです。

 

 

他人よりも
自分に興味があるタイプ、
と言ってもいいかもしれません。

 

 

ですから、もちろん
女性に対する
サービス精神に欠けています。

 

 

距離感もなかなかつかめず、
会話もはずみません。

 

 

女性からすると
とても気を使いますし
時間が長く感じて
疲れてしまうことも。

 

 

女性がこういったタイプに
魅力を感じるのは、

スレていない
自分がコントロールできる
自分がコントロールされずに済む

そんなところに
《安心感》を覚えた場合です。

 

 

彼らは、
いったん付き合ったり、
結婚したりすると
めったに浮気はしないでしょう。

 

 

しかしその理由は、残念ながら
彼らが一途だからではありません。

 

 

他に《ニーズがない》からです。

 

 

つまり、モテないために、
女性からの誘惑もないだけなんです…

 

 

また、
こういった例もあります。

 

 

恋愛経験がほとんどない彼。

そんな彼とあなたが
お付き合いをしたとしましょう。

彼にとって、あなたは
ただ一人、自分を男性として
評価してくれる存在です。

 

そこで彼は、
ある勘違いをしてしまいます。

 

 

「こんな自分でも評価された」
「自分の魅力に気が付く人がやっと現れた」と。

 

 

極端な言い方をすれば
「実は俺ってモテるのかも?」
と思い込んでしまうのです。

 

実際は、
あなたと付き合っているだけ
にもかかわらず…

 

 

女性と付き合う力量がないのに
恋愛が成就してしまったことで
盛大な勘違いが始まります。

 

彼らの
女性に対するサービス精神は
ますます鈍くなり、

プライドと自信だけが
肥大してしまう。

 

 

もっとも
タチの悪いパターンです。

 

 

ああ、見たくない悪夢のようですね…

 

モテる男が持っている
女性へのサービス精神

それを、彼らモテない男は
持ち合わせていません。

 

 

ですから、そんな
「モテない男」と
付き合っても
いきなり最初から
《もてなされる側》にはなれないのです。

 

 

「付き合って、ゼロから教育し、
 自分色に染めたい」

と思う女性ならば
いいかもしれません。

 

「自分に対するサービス精神を
 ゼロから鍛え治したい」

と考えるのであれば、
そのニーズに合います。

 

 

こうして比較してみると

どっちがいいですか?というより
どっちがイヤですか?
と聞くしかない、という心境になります…

 

もちろん、このどちらかが
超好みのタイプ!という人もいるでしょう。

 

 

けれども、大多数の女性は
「もっとちょうどいい男性はいないものなの?」
と思うのではないでしょうか?

 

 

モテる男、モテない男、

 

 

結局はどちらも
女性を幸せにする能力が
ないことがわかりますね。

 

 

じゃあどうしたらいいの?

 

その答えは次回のこのブログで!!!

 >  《冬月 希和》あなたはシーズンの流行最先端の服を買う派ですか?

ページトップへ