厳朱零

厳朱零の占術 紫微斗数紹介(2) 厳朱零を紫微斗数で占ってみた。

東洋占術家 厳朱零(げん しゅれい)です。

お立ち寄り頂きありがとうございます。

今回も紫微斗数で、厳朱零を占ってみます。

前回は、命宮で、厳朱零の本質、性格、生まれてきた意味、

厳朱零をすべて理解できる命宮を一部読んでみました。

続いて、今回は、夫妻宮を読んでいきたいと思います。

夫妻宮は、文字の通り結婚に関わることが分かります。

早速、夫妻宮に入っている主星を見ていきますと、厳朱零の夫妻宮には「廉貞星」が入っています。

夫妻宮に入る星は、相手、つまり厳朱零の場合は、妻の特徴を表しています。(もちろん、違う方と結婚する場合もあります。)

取り合えず、妻として読み解いていきます。

「廉貞星」の特徴は、志が高く、意志が強い、実行力もあり、決断力もあります。→ありますね。当たってます。

異性との縁は多く、遊ぶときはすべてを忘れて思いっきり遊びます。→思いっきり遊びますね。当たってます。

主婦としては、真面目で潔癖、内助の功を発揮します。→そのままですね。感謝しています。 当たってます。

今回も封神演義の登場人物をなぞらえていきます。

【封神演義では、費仲という大臣が死後「廉貞星」になっています。費仲は、紂王(商の最後の王)と妲己(稀代の悪女)の期待に応えて、悪の限りを尽くした大臣、ただ、本来は、弱者をいじめるのではなく、諸大名等富める者から搾取する自由人でした。】

前回お話ししていますが、私の命宮には「破軍星」→紂王、妻は「貪狼星」→妲己、妻の分身が「廉貞星」→費仲と何かの因縁ですかね。

夫妻宮の対宮に「貪狼星」が入っています。

実は、夫妻宮の「廉貞星」に生年化忌(四化星)が飛星しています。つまり、夫妻宮に「化忌星」が入っています。

化忌星とは、四化星の一つで、先祖からの贈り物なんですが、化忌星だけは、凶星で、災いをもたらします。

つまり、私は結婚することで何等かのトラブル、問題を抱えていることになります。

また、合わせて、夫妻宮の十干から化忌星を飛星させると、自化忌になり、「廉貞星」にまた「化忌星」が飛びます。

かなり大変な事なんですが、幸いにも私の結婚は遅かったので、災いを逃れて離婚までには至っていません。

これを読み解くときに、「もし若くして結婚されていると離婚もあったかもですね」という話をします。

実際、そういう方を多く見てきました。

あと、厳朱零の夫妻宮には入っていませんが、夫妻宮に「禄存星」という副星が入っている場合には、

お相手の方は財産をお持ちかもというお話をします。

実は、かなりの確率で当たります。

今日はこのあたりで終わりにします。

厳朱零を、命盤12宮で読み解くことは、命宮と夫妻宮で終わりにします。

厳朱零のすべてが分かってしまうと、面白くないですよね。

紫微斗数では、まだまだ読み解き方や秘伝もありますので、いずれ話を続けたいと思っています。

ここまでお読みいただき有難うございました。

 

感謝

 

東洋占術家 厳朱零 (げんしゅれい)

 

川崎ほしよみ堂 出演日:7月22日(木)、7月24日(土)、7月29日(木)、7月31日(土)です。

ご予約お待ちしております。

 >  《海》夢占い:額・口・歯・くちびる・眉が印象的な夢占いの解釈。

ページトップへ