ルーカス伽豆海

《ルーカス伽豆海》紫微斗数でもっとも最悪の凶星!? 四化星④『化忌星』

今日は紫微斗数 

四化星『化忌星』

の特徴をお伝えしていきます。

四化星『化忌星』

陽の水星

「困難」と「挫折」の星

孤独・嫉妬

 

四化星の最後の星の化忌星は

最悪の凶星、

まさに

「大凶星」です。

 

この星を命宮に持つ人は

率直な性格になります。

 

失恋や失業など

「失う」という現象に多く出会い、

何かと災難に付き纏われ

悩みの多い人生になります。

 

また、お節介を焼きたがり

人にちょっかいをかけて嫌われる面があります。

それは精神的に孤独な面があるから。

 

化忌がついた星の輝度が強ければ

突発的な災難に遭遇しても間一髪で助けが入ります。

 

疾厄宮か父母宮にある人は

先天的に痩せていて虚弱体質です。

 

特に父母宮は先天的な問題を、

疾厄宮は後天的なトラブルをみます。

 

財帛宮に入ると、収入が不安定で

出たり入ったりが繰り返されます。

 

福徳宮にある人は趣味が薄くなります。

 

遷移宮にあると

移動先でのトラブルに悩まされます。

また初対面での印象が悪くなります。

 

田宅宮にあると離婚を経験する暗示。

 

化忌が六親宮

(命宮、兄弟宮、父母宮、夫妻宮、子女宮、奴僕宮)

に入ると、「欠」という現象が出てきます。

 

夫妻宮に入ると配偶者に何かしらの欠陥が生まれます。

(どんな欠陥かは主星や副星の組み合わせで判断します)

 

化忌が重要な宮に入っている人は

若いころから多くの試練を強いられます。

 

その中で会得すること

人には出来ない

あなただけの能力が出てきます。

 

それを生かして

世のためや人の助けになることが出来るかどうかで

人生の幸不幸が決まります。

 

化忌も他の凶星も

それがあることに悩むのではなく

自分にはそれにふさわしい使命があると考えて

生きていくことで人生が切り開かれていくのです。

 

 

次回の『紫微斗数』では

命宮に主星のない『命無正曜格』をお伝えしていきます。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ほしよみ堂/占い師

ルーカス伽豆海(かずみ)

【ツイッター】

【プロフィール(原宿店)】

【プロフィール(川崎店)】

【ルーカスかずみ紹介動画】

【LINE公式アカウントID】@026zrzno

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 >  《冬月 希和》お風呂の入り方、見られてますよ👀

ページトップへ