ブログ

《冬月 希和》名字ではなく下の名前で呼ばれる時、相手と距離が近付きますよね😊

初めて会ったその日に女性を「ねーあいちゃん…」などと気軽に呼ぶ男性に対して、やはり、ん?と身構えるものである。

 

逆にいつまでたっても「おたくは…」なんて名前すら言わない人もいたりする。

 

又、面と向かってはハッキリ言わないのに本人がいない所では「ユミがさぁ~」なんて呼び捨てで言ってたりする人もいるのも確か。

 

いずれにせよ、男性が女性に対し名字のさん付けから、名前に移るタイミングは人それぞれであり

上手なタイミングで移行出来る男性は女性の気持ちをよくわかろうしてくれるタイプのような気がする。

 

呼び方は、相手との距離をそのまま示しているといっても過言ではなく親密度を測るめやすになると思う。

恋愛で相手に好意を持つようになると呼び方が徐々に変わるのは、あなたにも経験があるだろう。

 

ある男性に最初に女性の下の名前を呼ぶ時にどう思ったかを聞いてみたところ、女性の肩に手を置くのと同じ位緊張し、耳が熱くなったと言っていた。

女性側だって距離がより近付いた気がしてドキドキするし嬉しい。

 

たんに「おはよう」ではなく
「希和さんおはよう!」と名前つきで挨拶をされるとやっはり嬉しいもの。心が温かくなる。

名前は特別であり魂が宿ってると思う。
だから心を込めて呼んでいきたいなって思います…😊

 

 >  《冬月 希和》あなたはシーズンの流行最先端の服を買う派ですか?

ページトップへ