お知らせ

飽きるのは、自分の成長が止まっているから。

東洋占術家 厳朱零 (げん しゅれい)です。

「飽きるのは、自分の成長が止まっているから。」の文章を見た時に、成程と思ってしまった。

どこで見たのか忘れてしまったんですが、何故かこのセンテンスが気になっていたんですね。

成長を継続している人で思い浮かぶのは、野球のいちろう選手であり、サッカーのキングカズ選手。

野球が好きなんだろうな、とかサッカーが好きなんだろうなという一面で見ていたが、

野球やサッカーに飽きないのだろうと考えた時に、成長が継続しているのかなと考え、

素晴らしいなと思ってしまう。

一生、成長していくのだろうと思う。

成長とは体力的に最高のパフォーマンスを目指すだけでなく、ご本人の中での価値観で判断しているとすると、

体力以外の部分、例えば、頭脳での成長をも含んでいるのだろう。

こんなことを考えていると、私自身の飽きっぽい性格やある一定の水準に達しただけで、

満足してしまう自分の本質に成長の限界を感じてしまう。

どちらが先かは、にわとりと卵の話に重なる。

飽きて成長が止まるのか?

成長が止まって飽きるのか?

人それぞれかな。

そう考えると、成長を継続することで飽きがこないようにすることは、私自身もできる。

やってることに飽きが来ないようにするには、学びと刺激が重要だなと思う。

やる気はどうしたらできるかというと、まず一歩踏み出すことが大事だとアメブロに先日書いたばかり。

やる気がなくても「実際にやってみる。」

一度始めるとやっているうちにやる気に関係する脳細胞の側坐核が自己興奮してきて、

集中力が高まって気分が乗ってくる。

「作業興奮」

この現象は、クレペリンという心理学者が発見して「作業興奮」と呼ばれているそうです。

掃除を始めると、止まらなくなるや、私の場合は食後の自分が使った食器を洗いを始めると、

家族全員分の食器を洗ってしまう。楽しくなるんですね。

止まらなくなる。作業興奮なんでしょう。

勉強をしていると途中で飽きてしまうことはしょっちゅうあります。

これは、本当のことなんですが、占いの占術を勉強していると、飽きがこないんですね。

いろいろな占術がありますが、常に並行して学んでいるのですが、飽きがこないのはなぜかと、

いつも考えていましたが、答えはそこにありました。

成長しているからなんですね。

還暦を過ぎても脳は成長していることの証明です。

占いをまだ学んでいない方、楽しい占いの学びを皆さんも始めてみませんか?

感謝

 

東洋占術家 厳朱零(げん しゅれい)

川崎ほしよみ堂

ゴールデンウイーク中の出演日:5月1日(土)5月2日(日)5月5日(水)5月8日(土)です。

ご来館お待ちしております。

 >  身体の内からお元気に!薬膳はいかが?

ページトップへ