ブログ

エレベーター

一般的に一流と言われてるビルのエレベーターの中。

女子社員が「何階にいらっしゃいますか」と乗り合わせた全員のボタンを押す。
自分が降りる時は ‘’閉‘’を押しながらもちろん会釈も忘れない。

 

感心ばかりしてはいられない。

 

次に降りる人も同じ気配りをしなければマズいのじゃないかといった緊張感があり急いでボタンの前に立った。

 

後から走って乗り込もうとする人のために扉を押さえる人。

平気で閉める人。

我先に降りる人。

どうぞと最後に降りる人。

ブザーが鳴ってるのに降りない人。

香りのきつい人。

息づかいが荒い人。

たった数秒の密室に
人の質が凝縮されて表れるのだと思った。

 

別に挨拶をする必要はないが
それでも偶然居合わせた人に対して、わずか数秒だけでも心を向ける事があっても良いのではないだろうか。

 

不思議と相手に伝わるもの。
アカの他人の心の内、人間性のドラマが
数秒の振る舞いにちゃん出るものなんだって思うのです。

 

 >  身体の内からお元気に!薬膳はいかが?

ページトップへ