お知らせ

占いを楽しみに、占い館にいらっしゃいませんか。厳朱零

もう、30年ほど前に購入した「まだ科学が解けない疑問」という品文社から出版された本を

久しぶりに眺めていました。

面白い項目がずらりです。

例えば、

言葉はどのようにはじまったのか?

人はなぜ音楽が好きなのか?

なぜ男は女より大きいのか?

何が老化を引き起こすのか?

鳥はどうやって飛ぶようになったのか?

渡り鳥の道標?

地球の気候はなぜ安定しているのか?

月はどこからやってきたのか?

月は反響する?

火の玉とは何か?

他にも面白い項目が目白押しです。

しかしながら、今もって科学で解明されていません。

科学者たちは、何とか解明しようと科学的研究を展開しているのですが、

一つを解決すると、次の疑問が出てくるので、ますます深い謎につつまれる感があります。

「科学者の思考や努力を超えて、問題はもっと奥深いものなのだ」と著者は言っています。

「ただ、我々人間は、こうして謎を楽しんでしまっている。」

「楽しんでいるからこそ、謎を解き明かそうと努力をしている。」

「それを諦めることは決してないだろう。」

と結んでいます。

占いにも共通する点が多々あります。

なぜ、紫微斗数の命盤にその人の人生が刻まれているのか?

なぜ、紫微斗数や四柱推命を筆頭とする命術や卜術や相術は、当たるのか?

人は生まれてからの経験や知識は、関係ないのか?

「占いも謎につつまれてますよね。」

人はなぜ、占いを受けに来るのか?

ここから、上記本を引用しますが。

占術家の思考や努力を超えて、占いはもっと奥深いものなのだ。

我々日本人を含めて、占いを信じる人々は、占いの謎を楽しんでいる。

謎だからこそ楽しんでいる。

だから、人々は、占い館に足を運んで、占い師と対面する。

「楽しむために。」

ぜひ、占いの謎を楽しみに、川崎ほしよみ堂へお越しください。

感謝

厳朱零

占術:紫微斗数、タロット、数秘術

川崎ほしよみ堂 木曜日、日曜日、時々土曜日出演中

予約受付中 川崎ほしよみ堂ホームページから。

 >  特別な人だけじゃない。私たちもノミネートをされている。

ページトップへ