お知らせ

あなたが占いを受けられる日が、どんな日かご存知ですか?

東洋占術家の厳朱零です。

ご相談者さまからご予約を頂いたとき、生年月日と生まれた時間を確認できる方には、

教えていただいています。

予め、紫微斗数命盤に目を通すことで、どのようなご相談かを推察することが出来ます。

先日も運命鑑定のご依頼をいただき、事前に生年月日と生まれた時間を確認できましたので、

予め、紫微斗数命盤を作成し、ご相談内容を推察しておりました。

推察に違わぬご相談でした。

命盤は不思議なもので、何が問題なのかを示してくれています。

先日の運命鑑定は、もちろん紫微斗数で占わさせていただきました。

ご相談内容は、さまざまですが、

不思議と鑑定に来られる日が、流年(10年毎、1年毎、月毎、日毎)でみると、

ご相談内容と一致する日にお越しになるケースが多いような気がします。

先日も、まさしくそうでした。

また、プラスして、お越しいただいた日が、

ご相談者様の本質を見る命宮の日でした。

私はそれが、重要なご相談だから、そのような日にお越しになられるんだろうなと

考えております。

先日のご相談者さまは、1か月以上前からのご予約で、

「どうしてこの日にしたのですか?」とそれとなくお伺いしたところ、

仕事のスケジュールに合わせて日時を決めると、この日になったとのことでした。

占いにお見えになる日にはタイミングがあります。

占いに行こうと思われた日がそのタイミングです。

占いの予約を入れて、行こうと思った日がそのタイミングです。

次回、占いに行かれる時に、占い師さんに、聞いてみてください。

「今日は、私にとってどんな日ですか?」

どんな答えが返ってくるか、楽しみですね。

私は、こう答えます。

「今日はあなたにとって、〇〇〇〇な日です。」

最近は、飛び込みのお客様でもご自身の生まれた時間をご存知な方は多いですね。

是非、紫微斗数占い鑑定にお見えになってください。

感謝

 

東洋占術家 厳朱零

紫微斗数鑑定予約受付中

川崎ほしよみ堂ホームページから

 >  すでにスタートを切っていますよ!

ページトップへ