お知らせ

脳は疲れないに続き、脳の神経細胞は何歳になっても増えている。

以前のブログで、「脳は疲れない」のお話をしました。

今日はその続きで、脳の神経細胞は何歳になっても増える、のお話です。

常識的には、脳の神経細胞は、生まれたときが最も多く、後は、どんどん減っていくと言われています。

でも実は、海馬では神経細胞が次々とうみだされているそうです。(by  池谷裕二先生の著書「海馬」から)

海馬は情報の仕分けという重要な役割を担っています。

「この情報は忘れてもいい」、「この情報は長期記憶として残しておこう。」

その仕分けの根拠は、生存のために必要な情報かどうかで判断しているらしいのです。

今の時代、「生存に必要か、必要でないか」、なんて生きていく上で、あまり関係ないですよね。

平和ですから。

ただ、試験受験のためには、暗記、丸暗記?も必要です。

試験勉強での丸暗記を、記憶に残すためには、脳をだます必要があります。

皆さんご存知の通り、脳を騙すのはたやすいのです。

レモンを食べると、酸っぱいですよね。

次に、レモンを見ると、条件反射的に酸っぱい記憶がよみがえります。

これって、忘れないですね。

感情です。

海馬の隣に扁桃体という感情を司る細胞があります。

美味しいものを食べたら、中々忘れないですよね。

まさしく、扁桃体の感情が、海馬にアプローチして、美味しさを忘れさせないようですよ。

テストの丸暗記をするときに、扁桃体を活性化すれば、記憶は残るんです。

「扁桃体を活性化することが、海馬も活性化することにつながる。」

扁桃体を活性化することは、感情を豊かにするということなので、

そのためには、音楽を聴いたり、旅行して景色に感動したり、人を好きになったり、

本を読んだり、動物園の動物たちを見て、笑ったり、喜んだり、

なんにでも感動できることが、記憶に密接にかかわっているようですね。

皆さん、占いに相談される時の事を思い出してください。

結構、感情が前面に出ていますよね。

驚いたり、喜んだり、怒ったり、悲しんだり、泣いたり、笑ったり、

扁桃体を活性化しているって思いませんか?

占いに行って、扁桃体を活性化して、海馬を活性化しましょう。

記憶力向上に繋がるはずです。

今日、なぜこんな話を書いたかというと、先日、受験生予備軍の方が占いにいらっしゃったので、

思い出したんですね、海馬の事を。

厳朱零でした。

川崎ほしよみ堂

出演日:木曜日、日曜日、時々土曜日

ご予約お待ちしております。

占術:紫微斗数、タロット、数秘術

運命から恋愛まで。

 

 

 

 >  特別な人だけじゃない。私たちもノミネートをされている。

ページトップへ