ブログ

《冬月 希和》嫉妬を毒にしないために✨

 

さっさと消してしまいたい感情なのに中々離れない。冷静になって考えてみると自分がひがんでいるだけなのに。

お釈迦様も「上手に向き合っていくしかない」と言ってる。

 

ライバルの出現で彼を奪われるかもしれない。

同僚の活躍で自分の活躍の場が奪われてしまうかもしれない。

 

嫌な感情ですが嫉妬がわいてきた時は 自分が成長したがっている時であると意識し
チャンスだと思うこと。

 

嫉妬の矛先を相手に向けるのではなく
自分に向けてみる!

 

ライバルに嫌がらせをするのではなく、恋人を束縛するのでもなく。

 

「恋人にとって一番になれるために自分が努力する!」

 

人を嫉妬している程度の自分で終わっていいのか?
と言う エネルギーに変え
自分を自分で押し上げてみる。

 

そうやって使えば嫉妬は「毒」にならない。

 

「嫉妬してるかも」と口にしてもよいだろう。
相手も「実は私も…」打ち明けてくれるかもしれない。

 

感情を供養する事ができたら
嫉妬も自分の成長の糧になる。

 

嫉妬心を利用して恋愛上手になろう!
副産物として美容効果にも繋がればそれこそ一石二鳥です✨

 >  《冬月 希和》女性には見えない敵がいた方が理想的な女性になれる✨

ページトップへ