ブログ

手相に始まり手相に終わる

占いは、手相に始まり手相に終わる、と言われております。
占いを始めた頃にはわからなかった意味が漸く理解出来るようになりました。
現在、手相の主流は、西洋占星術の天体を手相の部位にあてはめ、そこに出来る線をみて占います。

命朴相の相に当たる占いです。
命の占いは、四柱推命、算命学、西洋占星術etc.
色々ありますが、相とリンクしています。
天体の火星が強い人は、火星宮が強く、太陽宮が発達しています。ヤル気が強く、エネルギッシュです。

手相を鑑定してから、命を見ると、
ヤッパリふむふむと内心思う訳です。

手相と命式を重ねて観ると、
また面白いです。

The following two tabs change content below.

中川 太陽

最新記事 by 中川 太陽 (全て見る)

 >  ≪海≫紫微斗数:太陰星、貪狼星、巨門星、天同星、天相星、天梁星、七殺星とは?

ページトップへ