お知らせ

川崎ほしよみ堂 アラビアを象徴する言葉 3つを別名 IBMと呼んでいました。

昨日の続きがありました。(是非、昨日のブログもお読みください。)

アラビアを象徴するような言葉が3つありますと言いました。

当時、それを「IBM」と呼んでいました。

アメリカの会社名と同じです。

その方が覚えやすかったんですね。

I「インシャアッラー」  「神が望むならば」

B「ボクラ」       「明日」

M「マレーシュ」     「気にするな」  の3つです。

私は、この中で「マレーシュ」が好きな言葉でした。

気にするな。

何やっても「気にするな。」

失敗しても、ドジ踏んでも、間違ったことをしてしまったとしても、何しても、

「マレーシュ、気にするな。」です。

結局、「あなたは、あなたのままで良いんです。」

「失敗したあなたも、成功したあなたも、努力したあなたも、努力しなかったあなたも、全てまとめて受け入れますよ。」

という事なんです。

懐が深いですよね。

日本だと、努力して失敗したことは許せるが、努力もしないで失敗したことは許せない、

というのが一般的ですよね。

でも、努力って他人に見せるものではないので、努力しているか、していないか、

他人からは分かりませんよね。

懐が深いというのは、あなたの存在を、無条件で認めるという事なんです。

出来そうで、出来ない事ですが、「マレーシュ」というのは、私は、そう言う意味で捉えていました。

厳朱零という人間は、「マレーシュ」という言葉が似合う占術師だと思っています。

厳朱零とお話したいと思われた方はぜひ、川崎ほしよみ堂へお越しください。

お話ついでに、良かったら占いもしますよ。

感謝

 

川崎ほしよみ堂  厳朱零

出演:木曜日と日曜日

出演日以外でも予約を承ります。

ZOOM鑑定ご希望の方はご連絡ください。

川崎ほしよみ堂ホームページまで。

 

 

 >  《手話筆談OK・香織》苦手は努力で克服できるか?

ページトップへ