お知らせ

厳朱零のアラビアの呪文の秘密 「ひらけゴマ」聞いたことありますよね。

今回は、占いからすこし離れて、厳朱零の事を少し。

突然ですが、アラビアの呪文 日本語で「ひらけゴマ」聞いたことありますよね。

アラビアでもそう言っていると思いますか?

実はアラビア語でもそう言っているんです。

厳朱零の若かりし頃、遡ること40年近く前に、アラビアに2年間滞在していたことがあり、アラビア語も少し勉強しました。

少し披露すると、「ひらけゴマ」という「アリババと40人の盗賊」や「アラジンの魔法のランプ」で時々登場する、

呪文の言葉「ひらけゴマ」はアラビア語で、「イフタフヤーシムシム」と言います。

そのまま読んでも現地で通用しますよ。

日本語の「ひらけゴマ」はその「イフタフヤーシムシム」の直訳です。

「イフタフ」が開け、「シムシム」が胡麻(ゴマ)です。

当時、なんとなく、「へ~そうなんだ、本当にゴマと言っているんだ」という印象を持ったことを覚えています。

もう少し披露すると、アラビアを代表するというか、象徴するような言葉が3つあります。

「インシャアッラー」  神が望むならば

「ボクラ」       明日

「マレーシュ」     気にするな  の3つです。

こちらが、何か仕事を頼んだときに、「今やる必要があるの」的なニアンスの言葉です。

今やれることも、「明日でもいいんじゃない。」の意味も含まれます。

ただし、明日になれば、また「明日でもいいんじゃない」と言うわけです。

のんびりと時間が流れている感じです。

ビジネスで訪れたビジネスマンにとっては、厄介な言葉です。

なかなか、仕事が進まないんですね。

おそらく、皆さんの、アラビアの印象とは大きく異なると思います。

でも、もともとアラビアって砂漠の民(ベドウィン)ですよね。

ゆったりとした時間と自然との調和の中で過ごしていたんですね。

文字も見たことがありますよね。

右から左へ流れるように書く文字ですが、日本と同じように書道もあるんです。

私が滞在していた国は、アラブ首長国連邦のアブダビです。

アラブ首長国連邦(UAE)は、七つの首長国(一つはドバイ)からなり、その首都がアブダビです。

アブダビは、想像以上に暑い国で、昼過ぎから夕方まで仕事にならないほど、暑いのです。

砂漠なのに亜熱帯地方なんです。

私は10月に入国したので、若干暑さに陰りがあり、次の夏までに徐々に体調が順応していきました。

順応するというのは、身体の毛穴が徐々に開いてくるので、暑くても直ぐ汗をかき、

体温調整が出来るようになるということですね。

人間の身体ってすごいですね。

アラビアでは危険な目にも多々あいました。

アブダビは平和な街で、犯罪一つ起こらないような平穏無事な街でしたが、

旅をしたシリアのダマスカスやアレッポという街では、本当に命の危険を感じる状況を体験しました。

危険な目を当時は難なくすり抜けることが出来たのですが、運がいいと思っていました。

実はその理由が、紫微斗数の命盤を読むと答えがあったんです。

なんと、回避できた理由を解明。

その時はじめて、命術の紫微斗数占い、奥が深いなと思ったのです。

日本国内でも命の危機を回避できたことがありました。

自分の知らない事が紫微斗数命盤に。

そんな紫微斗数命盤、皆さんにもぜひ見ていただきたい、

知っていただきたいし、体験していただきたいと思っています。

あなたの名前ぐらいなら、アラビア文字で書けますので、

ブログを見たと言っていただいたら、書かせていただきますよ。

 

感謝

 

川崎ほしよみ堂 厳朱零

出演:木曜日、日曜日(予約受付中)

出演日以外でも予約承ります。

ZOOM鑑定ご希望の方は、お問合せ下さい。

川崎ほしよみ堂ホームページまで。

 

 

 >  身体の内からお元気に!薬膳はいかが?

ページトップへ