お知らせ

川崎ほしよみ堂 先人の知恵を知らない、活用しないって、もったいないな~~~。

先人の知恵って凄いって思いませんか?

「占い」の多くは、昔々に創造され、人の安らぎや安心や生きる糧になっていたんですよね。

国を治める為政者たちの政治、政策にも使われていたんです。

私が最も力を入れているのが、このブログでも投稿させていただいている紫微斗数なんですが、

紫微斗数があまり日本では知られていないです。

紫微斗数は、生年月日と生まれた時間や生まれた場所が必要なんです。

ただ、生まれた時間が分からない方でも紫微斗数占いは出来ますので、気楽にご相談くださいね。

実は、紫微斗数占いの基礎になる命盤をいくつか作成し、そこからあなた自身に寄せて行けば、紫微斗数占いが出来るんです。

実は、私も生まれた時間は、午前中だったという記憶(母親が話していた)と5つ上の姉の記憶を合わせて、幾つかの命盤を作成して正確な命盤にたどり着いています。

生まれた時間が分からない方は、先に生年月日だけ教えて頂ければ、鑑定時に何枚か命盤を作成してお待ちしていますので、遠慮なくおっしゃってくださいね。

最近は母子手帳に生まれてきた時間が記載されているようです。

話が脱線してしまいましたが、

元に戻ると、

「占い」の多くは、昔々に創造され、人の安らぎや安心や生きる糧になっていたんですよね。

かなり、昔に確立された「占術」が多いです。

「何のために作られたのか?」は、

その占術によって、異なるとは思いますが、

「どのような過程で作られたのか?」は、

いずれの占術も想像を絶する困難な作業だったのではないでしょうか?

あらゆる占術は、複雑な、様々な要因を解読しながら、作り上げられた占術ですが、

先人でも、かなり頭脳明晰な方々が作成に関わったのだと推察します。

アインシュタインレベルの知能が集まって創造力された、「人類の知恵」であり「宝」だと思います。

ただ、アインシュタインが考えた相対性理論を、誰かに伝えるとなると、まず無理ですよね。

まず、相対性理論って何?から説明するのも難しいですよね。

でも、それと同じぐらい難しいことを、占術では、万人にもわかるように、紫微斗数では命盤というものを作り、

占った結果を誰かに伝える、理解して頂ける、納得していただける、システムを作り上げていったんです。

こんな先人たちには脱帽だと思いませんか?

厳朱零が、占い師になった理由はいくつかありますが、

この先人の創造した占術を活用しない手はないはずですよね。

人の安らぎや、安心や、生きる糧となりえる答えを知る占術、

活用しないこと自体、ありえないなと思ったからです。

感謝

川崎ほしよみ堂 厳朱零

 >  ≪海≫紫微斗数:太陰星、貪狼星、巨門星、天同星、天相星、天梁星、七殺星とは?

ページトップへ