お知らせ

きょうだい児

皆さんこんにちは!



川崎ほしよみ堂オーナーの維来(つなぐ)です。



今日は火曜日♪


開店前に太陽先生とお話が盛り上がり



開店準備がギリギリになってしまいました(笑)



本日もご来店、お待ちしておりますね☆





皆さんは、’きょうだい児’ってご存じですか?



もしも生まれてきた我が子が病気だったら



障害をもっていたら



親は全てを犠牲にして子どもに付き添い



必死で看病します。



当然です。



その傍らに




寂しい気持ちを封じ込め




親にわがままも言えず我慢し



佇んでる病気の子どもの兄弟・姉妹たちがいます。



その子たちのことを’きょうだい児’と呼びます。



昔はそんな言葉もなかったと思うんですけど




実は維来も



’きょうだい児’です。



維来が3歳半の時に生まれた弟は



生まれつき心臓に病気を持っていました。



弟が3歳の時に手術をして治り



今でも普通に生きていますが



当時の両親はどれだけつらかったのだろう



どれだけ弟を心配したのだろうと



大人になった維来は、当時の両親の気持ちに思いを巡らせることもしばしば。



でも、維来も結構辛かったんですよ。



本当にほっとかれますから笑



複雑な気持ちで育った維来は



思春期に暴れました笑



どんな感じだったかは伏せますね笑



大人になった維来がやったことは



つらかった幼少時代にきちんと焦点を当てて



大人の維来が子どもの頃の維来に寄り添ってあげるんです



’だいじょうぶだよ’って言いながら



何年もそれを繰り返して



維来はやっと普通の



いわゆる一般的な(?)人間になれた気がします。
(少なくとも自分ではそう思ってます笑)




世の中には



自分が’きょうだい児’という認識なく



生きづらさを感じている方々も多いと思います。



きょうだい児は人間形成される大事な時期に



孤独感や寂しさを感じ



子どもながらに無力感を感じながら大人になるので



大人になってもそこから抜け出せないのです



孤独を感じている方へ
生きづらさを感じている方へ
不安な方へ



逃げずに一度自分の人生を幼少期から見直してみること



大切かもしれません




ちなみに維来の弟は・・・


話したくなってLINEとかするじゃないですか


維:元気?

弟:元気

維:~した?

弟:うん


・・・・・・・・・・終わり


男の子の兄弟つまんない( ;∀;)




ではでは今日はこのへんで☆



また明日( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾



 >  ≪維来~つなぐ~≫【忘れられない元カレ】辛く苦しい思いにどう向き合う?

ページトップへ