ブログ

みずがめ座の新月 東西新年の始まり

新月は

一つのサイクルの終わりと新たなサイクルの始まりが同時に起きている状態です。

未来の可能性が詰まった時が新月と言えます。

 

今回の新月は特別な新月なのです。

敏感な方は、頭痛や倦怠感、精神的な不安定さが露見してる方も見える様です。

 

何故その様な事が起きているか?

一つはこの新月が旧正月を告げるものだからです。

旧正月とは旧暦での正月を意味します。

旧暦は月の満ち欠けを元にした暦で、新月とともに新しい月が始まります。

そして今回の新月は新年を告げるもの、

つまり12ヶ月分(正確には+α)の新月が詰まった一年の始まりを告げる偉大なる新月なのです。

 

そしてもう一つの理由は、この新月が水瓶座で起こることです。

現在、水瓶座には6つの星が密集しています。

昨年末12月21日に木星と土星が20年ぶりに重なることで「風の時代」が始まりました。

 

太陽、水星、金星、そして月が次々と水瓶座に移動してきて、

それぞれが複雑に重なりながら新しい時代の形を作っているのが現在です。

 

そして重なりの一つのピークと言えるのが、今回の新月です。

 

これは「風の時代」の始まりを改めて日常にもたらすような新月なのです。

 

紫微斗数では今日からが新年です。

これは東洋の暦による見方です。

そして水瓶座の新月は西洋占星術による見方です。

 

今回の新月は、東洋の暦から見ると偉大な一年の始まりを告げるもので、

西洋占星術から解釈すると「風の時代」の始まりを告げるのです。

 

古今東西の今回の偉大な新月、なにか新しい意味のあるスタートの日。

 

そんな時は、人々の体調や感情も揺れます。

宇宙の星のポジションが変わるので、地球に及ぼす磁力も少なからず変わると思います。

元来、人間は月のリズムで体調も変わると言われています。

人の誕生や死期も、満ち潮、引き潮にリンクします。

また赤ちゃんの誕生も28日周期で数えますよね。

 

意識しなくても知らない間に体が反応しているのです。

 

新月の時は、ヒーリングにも適していますが、

今回は深く自分を内観して、

新しい、自由な発想で水がめ座の良さを取り入れた生き方を意識してみて下さいね!

 

自分の特性・リズムが知りたくなったら「紫微斗数」「五行推命」

この2つの占術で、

貴方の気の流れと機をつかむ生き方を見てみませんか?

 

ほしよみ堂 川崎店でお待ちしています。

 

里村 天胡

 

 >  ≪海≫紫微斗数:太陰星、貪狼星、巨門星、天同星、天相星、天梁星、七殺星とは?

ページトップへ