お知らせ

自己理解と他者理解って何だろう?国を治めるために作られたたツール

多くの方は、自己理解、他者理解って何だろうって考えたことあるのではないでしょうか。

領土拡張の戦い方、国造り、国の治め方、人員掌握、豊富な実りを得るための農業など等、それらを上手くやるための戦略、戦術ってなんだろうと考えた事ある人は少ないかもしれません。

でも、それらって、紀元前の時代から王様・皇帝・将軍など国を司る為政者が必要にかられて研究してきたものではありませんか?

昔から、国を治めるため、円滑に物事を進めるために、その当時の為政者が、適材適所で人を活用するために、国を治める政策を考えるために、戦争で領土を広めるために、研究されてきた人の才能や性格や気質や特質や特徴を引き出し、国を治めるために作られたもの。

 それって「占い」ですね。

全ては、人ですよね。人を知ることが重要だと思いますよね。

 現在、人を知る様々なテストがあります。

 テストと言うと若干違和感がありますが、人を知るツールとでも言い換えても良いです。

 「占い」とは一線を画した、テストも多いです。

特にビジネスシーでは、「占い」というワードはタブー的なところはあります。

 ビジネスシーンで使われるツールは、日本で考えられたツールもありますが、欧米から輸入されたツールが、研修・人事系業界では人気です。

日本人は、欧米からの輸入ものが好きですよね。

 ただ、言えることは、そのようなツールは、3次元では活躍できますが、時間、空間を超えた4次元では役に立ちません。

 4次元で役に立つツールは、やはり「占い」しかないでしょう。

 ということで、おそらく数千年もの間、占いは受け継がれて、時代時代にあった鑑定を提供しているのだと、まさしく時間、空間を超えた叡智です。

どんどん占いを活用して、新しいものを作り上げましょう。

「温故知新」というワードがありますが、正しく「占い」は、進化していくものだと思います。

皆さんもどんどん「占い」を感じて、考えて、多くの人に伝えてください。

感謝

 

 >  身体の内からお元気に!薬膳はいかが?

ページトップへ