お知らせ

運命は自分で切り開くことが出来るんです。ほんの些細な行動でも良いのです。

会社勤めをしている頃にこんなことがありました。

優秀な女性社員を採用することが出来ました。

仕事にも慣れ、他の社員とも仲良く慣れていたように見えたときに、急に無断欠勤が始まったんですね。

連絡を取ったところ、体調がよくないとの返答だったので、2,3日休暇を取るように言い、体調がよくなることを願っていました。

その後、会社から連絡すると連絡はつくのですが、彼女からは一切連絡は来ず、何かおかしいなと、私と人事担当者が訪問しました。

何度もベルを鳴らしても誰も出てこないので、留守かなとそのまま帰ったんですが、実は、彼女は家にいたそうです。

その後、会社に辞表を提出してきました。

彼女にとって辞表を提出したことは、何の解決策にもなっていなかったのを後で聞きました。

そこで思ったのは、もし訪問した時に会えることが出来たならば、話が出来たならば、また、誰か話が出来る相手がいたならば、すぐに辞表を提出することは無かっただろうなと。

ベルを鳴らしたときに、彼女が勇気を出して、一歩前に出ていたら、会うことが出来たならば。

人生を切り開くのはご本人です。

一歩踏み出す勇気を持つことが出来るのもご本人です。

そんな方のお役になてるのも占い師の役目かなと思っています。

カウンセラーのような話になってしまいましたが、

人生を切り開く、運命を自分で切り開く、お役に立てればと常に思っています。

また、先の事を予測するのも占い師の役目だと思っています。

あなたの未来を切り開くお役に占い師を役立ててください。

厳朱零でした。



 >  特別な人だけじゃない。私たちもノミネートをされている。

ページトップへ